住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカード徹底分析/年会費・ポイント・キャッシュバック・限度額・保険・銀行サービス・口コミ評判。他のデビットカードと比較してわかったメリットデメリット

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカード

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの概要

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードは、三井住友銀行とSBIホールディングスが共同出資して誕生したネット専業の「住信SBIネット銀行」が発行しているデビットカードです。

親会社である三井住友銀行とは別会社にあたり、完全に独立したネット銀行であるため、三井住友銀行が発行しているSMBCデビットカードとの互換性はありません。多少似通った特徴はありますが、まったく別物です。

住信SBIネット銀行Visa付きキャッシュカードの特徴には、「年会費無料」、「審査なしで発行可能」、「満15歳以上が発行可能」、「0.6%のポイントバック」、「住信SBI銀行プレミアム会員で還元率+0.4%」、「米ドル対応の外貨預金で決済できる」、「海外事務手数料2.5%分年間30回までポイントバック※実質無料」、「公共料金の引き落としに対応している」、「口座開設から10日前後で発行可能」、「キャッシュカード一体型」、「ATM手数料、他行振込手数料がランクによって最大月15回まで無料」、「月末の金土日は還元率1.0%」、「利用明細をスマホでチェックできる」、「スマホアプリサイトと連携して家計管理ができる」、「VisaPayWaveを採用している」、「不正利用補償年間100万円まで補償」、「限度額は1日200万円、月間で1000万円の範囲で設定可能」、などがあります。

最大のメリットは、「0.6%のポイントバック」で、住信SBIネット銀行プレミアム会員(月額540円税込)に入会すると、1.0%の還元率になります。1.0%の還元率は楽天Visデビットカードと並び、Visaブランドの中ではかなりの高還元率です。年会費有料が多いVisaブランドのデビットカードの中で、年会費が永年無料で1.0%の還元率は住信SBIネット銀行Visa付きキャッシュカードだけです。

特徴的なサービスとして、「米ドル決済」があります。外貨普通預金は15銭の為替手数料で利用できます。海外旅行などの時には、外貨普通預金を使って決済をすることが可能です。ただし、決済手数料は日本円での決済手数料同様に2.5%が発生します。2.5%の決済手数料は、後日ポイントとしてバックされます。

年間30回までポイントバックが受けられるので、年一回の海外旅行の時には、とてもお得なカードということになります。

デメリットは、「ランクアップ」のための条件が厳しいことです。月15回のATM手数料無料と、他行あて振込手数料をゲットするためには、預金残高300万円以上且つ、外貨預金または仕組預金の合計月末残高が500万円以上を確保しなくてはなりません。他にも住宅ローン借り入れの有無や、住信SBIネット銀行の各種サービスの利用などが必要になります。

口座にお金を預けて、決済にデビットカードを使うだけでは各種手数料は無料にならないという部分はデメリットと言えます。住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードは、国内での利用よりも海外旅行や、海外出張が多い人に向いているデビットカードです。

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードのスペック

人気ランキング4位
カード名住信SBIネット銀行 Visaデビット付キャッシュカード
sbinet_visa_debit
発行会社住信SBIネット銀行
国際ブランドVISA
カード種類デビットカード
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費特典-
発行期間-
キャッシュバック還元率下限-
キャッシュバック還元率上限-
ポイント還元率下限0.60%
ポイント還元率上限0.60%
ポイント・キャッシュバック情報半年に一度追加ポイント最大17500ポイント
1日最大利用限度額200万円
審査原則なし
入会資格年齢15歳以上
振込手数料無料特典月2回~15回無料※ランクによる
提携ATM手数料無料特典月2回~15回無料※ランクによる
独自サービス海外利用時は外貨預金でそのまま支払可能。為替手数料が発生しない
非接触型IC Visa payWave対応

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードのメリット

  • 年会費無料
  • 審査なしで発行可能
  • 満15歳以上が発行可能
  • 年会費無料のVisaデビットとしては高還元率のポイントバック0.6%
  • 住信SBI銀行プレミアム会員で還元率+0.4%
  • 米ドル対応の外貨預金で決済できる
  • 海外事務手数料2.5%分年間30回までポイントバック※実質無料
  • 公共料金の引き落としに対応している
  • ATM手数料、他行振込手数料がランクによって最大月15回まで無料
  • 月末の金土日は還元率1.0%
  • 利用明細をスマホでチェックできる
  • スマホアプリサイトと連携して家計管理ができる
  • VisaPayWaveが使える

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードのデメリット

  • 住信SBIネット銀行プレミアム会員になる為には月540円の会費が必要
  • 使えないお店やサービスがある(ガソリンスタンドやETCなど)
  • ATM手数料無料15回、振込手数料無料15回の条件が厳しいl
  • 傷害保険、ショッピング保険が非搭載
  • ネット銀行のため、実店舗が存在せず、対面サービスを希望する人には不向き

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの年会費

年会費は永年無料です。

初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)0円
年会費特典-

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードのポイント・キャッシュバック

信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードでは、

  • カード利用額の0.6%をポイントバック
  • 住信SBIネット銀行プレミアム会員入会で+0.4%(合計1.0%)の還元率アップ
  • 毎月月末の金土日の利用でプレミアム会員でなくても還元率1.0%

となっています。

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードのポイントバック率の上げ方

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードのポイントバック率を1.0%にするためには、住信SBIネット銀行プレミアム会員に入会する必要があります。

月540円の会費が徴収されますが、月間で145,000円以上利用するのであれば、十分に元が取れる計算になります。

また、月末の金土日の利用で、プレミアム会員でなくても還元率が1.0%になる為、大きな買い物は月末に予定しておけば、0.4%分ポイントがお得に貯まります。

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードが使える店舗・企業・サービス

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードは世界各国のVisaマークがついた店舗やサービスに利用可能です。

ただし、デビットカード全般に言えることですが、後払い方式のガソリンスタンドなどには利用できませんので注意しましょう。

キャッシュバック還元率下限-
キャッシュバック還元率上限-
ポイント還元率下限0.60%
ポイント還元率上限0.60%
マイル還元率下限-
マイル還元率上限-
ポイント・キャッシュバックモール-
ポイント・キャッシュバック情報半年に一度追加ポイント最大17500ポイント

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの申込条件・審査

  • 入会審査:なし
  • ご利用可能年齢:満15歳以上(普通預金口座の開設基準と同様)

となっています。

審査原則なし
入会資格年齢15歳以上

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの発行スピード

発行期間-

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの限度額

デビットカードであるため、基本的に口座にある金額が限度になりますが、1日に利用できる限度額には上限が設定されています。

限度額内で、自由に上限値を決めることもできます。

1回と1日で0円~200万円まで、1カ月で0円~1000万円まで自由に設定可能です。

1日最大利用限度額200万円

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの保険

デビットカードの多くには、不正利用などの補償が付いています。住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードには、不正利用に伴う保険があります。

紛失や盗難に伴う不正利用があった場合、届け出した日からさかのぼって30日前まで年間100万円まで補償してくれます。ここで注意したいのが、1カ月の最大利用限度額が1000万円で、自由に設定可能という点です。

もし口座に1000万円があり、その金額全てを使われてしまったとしたら、実質補償される金額は100万円だけですので、900万円は泣き寝入りするか、警察が犯人を捕まえて返済してもらうしか取り戻す方法がありません。

万が一のことを考えて、限度額を設定しておきましょう。

一つネックな部分は、ショッピング保険と旅行傷害保険が付いていないことです。

それらの保険を求めるのであれば、住信SBIネット銀行Visa付きキャッシュカードは不向きということになります。

不正利用時の補償○1000万円
ショッピング保険-
旅行傷害保険-

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの口座特典

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードを作っても銀行口座に対する特典はありません。

銀行のサービスを使うことでポイント還元率をアップさせたり、振込手数料、ATM手数料の無料回数が増えたりするサービスはありますが、デビットカードを作ったからといって口座特典はありませんので覚えておきましょう。

振込手数料無料特典月2回~15回無料※ランクによる
提携ATM手数料無料特典月2回~15回無料※ランクによる

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの独自サービス

海外利用に特化したデビットカード

外貨預金は米ドルだけですが、海外利用に関しては、かなりお得なデビットカードです。

海外のショップやサービスに支払う際に発生する手数料は2.5%とかなりお得。また、現地通貨をATMから引き出す際の為替手数料も同じく2.5%が発生します。

年間30回までは手数料2.5%がそのままポイントとしてバックされますので、実質無料ということになります。

海外利用に特化したデビットカード

非接触型IC VisaPayWave対応

非接触型IC VisaPayWave対応

日本ではあまり浸透していませんが、海外で主流になっているVisaPayWaveに対応している数少ないデビットカードです。

日本では2020年の東京オリンピックに向けて、各企業が積極的に取り入れている決済方法で、カードをスキャンせずとも、専用端末にタッチするだけで決済が完了するシステムです。

海外旅行などではスキミング詐欺などが横行していることから、今後主流になってくる決済手段と注目されています。

その機能がついている住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードは、最先端のデビットカードであるとも言えますね。

立替サービス-
独自サービス海外利用時は外貨預金でそのまま支払可能。為替手数料が発生しない
非接触型IC Visa payWave対応

住信SBIネット銀行Visa付キャッシュカードの口コミ評判


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です