京銀JCBデビット徹底分析/年会費・ポイント・キャッシュバック・限度額・保険・銀行サービス・口コミ評判。他のデビットカードと比較してわかったメリットデメリット

京銀JCBデビット

京銀JCBデビットの概要

京銀JCBデビットの概要

京銀JCBデビットは、地方銀行である「京都銀行」が発行しているデビットカードです。

京都銀行は、京都府京都市下京区に本店を構える地方銀行で、京都府の中心銀行として営業しています。京都府の指定金融機関でもあり、京都銘柄と言われているベンチャー企業を支えてきた歴史と実績があります。オムロンや任天堂、村田製作所や京セラ、ワコールなども京都銀行の顧客です。

京都は第二次世界大戦の敗戦に伴う引き揚げ港としての役目を持っていました。京都銀行は引揚者が持ち帰った外貨両替を中心に営業を行なったという記録があります。

戦時中の1941年に、京都で営業していた地方銀行4行が合併して創設されました。戦後の1951年に株式会社京都銀行として再出発を果たし、現在に至ります。

京銀JCBデビットの特徴には、「家族カード発行可能」「ネットやスマホで申し込みから受け取りまで完了できる」「審査なしで発行可能」「15歳以上が発行可能」「0.1%のポイント付与」「利用金額に応じて最大0.15%のポイント還元を受けられる」「申し込みから2週間程で発行可能」「利用毎にメールで通知してくれる」「海外ショッピング利用時の事務手数料が4.6%」「不正利用補償付帯」「限度額は1日10万円~200万円の範囲で設定可能」「海外現地通貨引き出し手数料は4.6%+100円(税抜)/1回」「不正利用補償付帯」「海外ショッピング保険付帯」「国内外旅行傷害保険付帯」などが有ります。

最大のメリットは、国内外旅行傷害保険などの付帯保険が充実している点です。不正利用補償に加え、海外ショッピング保険と国内外旅行傷害保険が利用付帯で標準搭載されています。地方銀行のデビットカードは、ショッピング保険や国内外旅行傷害保険が付帯していないものが多いため、付帯保険が充実している京銀JCBデビットはコストパフォーマンスが高いと言えます。

特徴的なサービスとして、家族カードが発行できる点が挙げられます。ユーザーの銀行口座に紐づけされたデビットカードを1年目は年会費無料(何枚でも)、2年目以降は1枚あたり432円(税込)で発行することが出来ます。旦那さんやお子さんのお小遣い管理もカード一枚で一括してできるため、家計のやりくりにもってこいなカードと言えます。

デメリットは、ポイント還元率が低いという点です。JCBブランドの還元率としては、最低ランクとなる0.1%~0.15%しかポイントを獲得できません。ただし、ポイントといっても、交換率が高いJCBのOkiDokiポイントになるため、有名なポイント(楽天ポイントやTポイントなど)と交換して使うと、実質0.5%のポイント還元率になります。

京銀JCBデビットは、メインバンクを京都銀行にしており、家族カードを最大限に活用したいと考えている人にオススメのデビットカードです。

京銀JCBデビットのスペック

人気ランキング41位
カード名京銀JCBデビット
kyogin_jcb_debit
発行会社京都銀行
国際ブランドJCB
カード種類デビットカード
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費特典①毎月のケータイ代をJCBデビット払いにする。②京銀JCBデビットのデビット機能を1年間で12万円以上利用する。③本会員の年齢が22歳以下、いずれかの条件を満たした場合無料
発行期間2週間程度
キャッシュバック還元率下限-
キャッシュバック還元率上限-
ポイント還元率下限0.50%
ポイント還元率上限2.50%
ポイント・キャッシュバック情報一定額以上の利用でポイント50%UP
スターバックスポイント5倍
セブンイレブンポイント3倍
海外利用でポイント2倍
1日最大利用限度額200万円
審査原則なし
入会資格年齢15歳以上(中学生を除く)
振込手数料無料特典-
提携ATM手数料無料特典-
独自サービス-

京銀JCBデビットのメリット

  • 家族カード発行可能(1年目年会費無料、2年目以降1枚432円※税込)
  • 年会費無料のハードルが低い
  • 海外事務手数料4.6%
  • 不正利用補償付帯
  • 海外ショッピング保険付帯
  • 国内外旅行傷害保険付帯

京銀JCBデビットのデメリット

  • 使わないと年会費が発生する
  • ポイント還元率が低い
  • 国内ショッピング保険が無い
  • VISAに比べ海外での利用可能店舗数が少ない
  • 使えないお店やサービスがある(ETCなど)
[kyogin_jcb_debit_sum]

京銀JCBデビットの年会費

年会費は初年度無料で、2年目以降は1,350円が発生します。家族カードは初年度無料(何枚でも)、2年目以降1枚あたり432円の年会費が発生します。ただし以下の条件のどれか一つを達成すると年会費が無料になります。

  1. 1.毎月のケータイ料金をJCBデビット払いにする(※docomo、au、Softbank、ワイモバイルのみ)注意:口座引き落としでは対象外
  2. 2.デビット機能を年間12万円以上利用※ショッピング利用+海外現地通貨引出し
  3. 3.本会員の年齢が22歳以下※本会員が22歳以下の場合、家族カード年会費も無料

注意したいのは、家族カード年会費が無料になる条件が、本会員22歳以下の場合のみという点です。本会員が1と2を達成していても家族会員の年会費は無料になりませんので注意しましょう。

初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費特典①毎月のケータイ代をJCBデビット払いにする。②京銀JCBデビットのデビット機能を1年間で12万円以上利用する。③本会員の年齢が22歳以下、いずれかの条件を満たした場合無料

京銀JCBデビットのポイント・キャッシュバック

京銀JCBデビットは、カード利用額の0.1%がOkiDokiポイントとしてバックされます。1000円以上の買い物でポイントが付きますが、1000円以下の買い物を行なった場合には、月末に端数分が足されてポイントが加算されます。

還元率だけを見るとかなり低いように感じますが、このOkiDokiポイントは他のポイントに高い交換率で替えられるというメリットがあります。Tポイントなどには5:1の割合で交換できます。詳しいポイントの交換率は以下です。

交換先ポイント名最低交換ポイント数交換先ポイント数
キャッシュバック13
nanacoポイント2001,000
楽天スーパーポイント200800
WAONポイント200800
Tポイント5002,000
(らくらく自動移行コース)15
(好きなときコース)200900
dポイント200800
au WALLETポイント200800
Amazonでのお買い物5001,500
楽天Edy5001,500
JCBプレモカードへのチャージ2001,000
ビックポイント(ビックカメラ)2001,000
ジョーシンポイント2001,000
ベルメゾン・ポイント2001,000
スターバックスカードチャージ200800
JALマイル5001,500
ANAマイル5001,500
ANAスカイコイン5001,500
デルタ航空 スカイマイル5001,500
セシールスマイルポイント2001,000
JTBトラベルポイント2001,000
ちょコムポイント2001,000
カエトクカード200800
ニッセンお買物券2001,200
地域経済応援ポイント(自治体ポイント)2501,000
App Store & iTunes コード2501,000

京銀JCBデビットのポイント還元率(キャッシュバック率)の上げ方

京銀JCBデビットのポイント還元率は、基本が0.1%です。前年度(集計期間)の利用金額に応じてポイント還元率が変動するサービスがあります。JCBスターメンバーズというJCBのメンバーズシップサービスの一つで、申し込み不要で受けられるポイントアップサービスです。利用金額毎にステージが決められており、最高ステージでは、60%の還元率アップができます。利用金額とステージ、還元率は以下の表でご確認ください。

ランク年間利用金額(集計期間)メンバー特典(次集計期間)
ポイントアップ
スターα(アルファ)PLUS100万円以上ポイント50%アップ
スターβ(ベータ)PLUS50万円以上ポイント20%アップ
スターe(イー)PLUS30万円以上ポイント10%アップ

またインターネットショッピングもJCBオリジナルシリーズパートナープログラムを利用するとポイント還元率がアップします。JCBオリジナルシリーズパートナーを経由して「京銀JCBデビット」を利用すると最大で6倍の還元率になります。JCBオリジナルシリーズパートナーと還元率は以下です。

※基準還元率0.1%で計算

企業名・店舗名還元率(%)
セブンイレブン3倍(0.3%)
イトーヨーカドー3倍(0.3%)※ネットスーパーは除外
スターバックス1000円以上(税込)で5倍(0.5%)
オリックスレンタカー店舗利用で6倍(0.6%)
Amazon専用サイト経由で3倍(0.3%)
GDO専用サイト経由で5倍(0.5%)
Right-on ONLINE SHOP専用サイト経由で6倍(0.6%)

京銀JCBデビットが使える店舗・企業・サービス

京銀JCBデビットは世界各国のJCBマークがついた店舗やサービスに利用できます。ただし、他のデビットカード同様に、後払い方式のガソリンスタンドの給油代や、海外ホテルのデポジット金の支払い、ETCカード発行などはできませんので注意が必要です。

また、海外現地通貨の引き出しにも対応しています。JCBまたはCirrusのマークがついているATMで利用可能です。1回のATM利用につき為替手数料の4.6%+108円(税込)が発生します。それ以外でも、現地ATMの利用手数料がかかる場合もあります。

キャッシュバック還元率下限-
キャッシュバック還元率上限-
ポイント還元率下限0.50%
ポイント還元率上限2.50%
マイル還元率下限-
マイル還元率上限-
ポイント・キャッシュバックモールOki Dokiランド
JCB ORIGINAL SERIESパートナー
JCB STAR MEMBER
ポイント・キャッシュバック情報一定額以上の利用でポイント50%UP
スターバックスポイント5倍
セブンイレブンポイント3倍
海外利用でポイント2倍

京銀JCBデビットの申込条件・審査

  • 入会審査:なし
  • 発行可能年齢:15歳以上
審査原則なし
入会資格年齢15歳以上(中学生を除く)

京銀JCBデビットの発行スピード

京銀JCBデビットは、他の地方銀行系デビットカード同様、インターネットバンク系デビットカードに比べ、発行スピードが少々長いです。申し込みから2週間前後で自宅にカードが届きます。

発行期間2週間程度

京銀JCBデビットの限度額

デビットカードのため、口座にある金額が限度額になります。国内外ショッピング利用の限度額は10万円~200万円まで自由に設定できます。初期設定では50万円になっているため、変更する場合には、JCBのインターネットサービス「MyJCB」で変更する必要があります。海外のATMで現地通貨を引き出す場合の限度額は10万円です。

1日最大利用限度額200万円

京銀JCBデビットの保険

京銀JCBデビットには、不正利用時の補償が付いています。紛失や盗難に伴う不正利用があった場合、届け出した日を含めて60日前から発生した被害額を補償してくれます。

ショッピング保険は海外でのショッピングにのみ対応しています。購入日から90日間、年間で100万円まで京銀JCBデビットで購入した商品の破損などを補償してくれます。ただし自己負担額として10,000円が発生します。注意したいのは、配送中の事故による破損は補償の対象にならない点です。配送時には十分に注意して梱包する必要があります。

国内外旅行傷害保険も付帯しています。利用付帯ですので、旅行代金などを京銀JCBデビットで支払うことで保険が適用されます。旅行中に起きた事故やケガなどを最高3000万円まで補償してくれます。

不正利用時の補償
ショッピング保険○100万円※海外のみ
旅行傷害保険-

京銀JCBデビットの口座特典

京銀JCBデビットを発行すると、京都銀行ATMの時間外利用手数料が無料になります。本来であれば、108円の時間外手数料が発生しますが、京銀JCBデビットを発行するだけで、京銀ATM時間外手数料が無制限で無料になります。

京銀JCBデビット発行以外のサービス利用でも時間外手数料が無料になります。サービス一覧は以下を確認してください。

対象取引注意事項
京銀JCBデビット発行15歳以上(中学生を除く)のみ
住宅ローン一部対象外ローンあり
金融資産2000万円以上本人口座の残高のみ
京都カードネオ発行クレジットカード
年金自動受け取り国民・厚生・共済が対象

京銀JCBデビットの独自サービス

立替サービス-
独自サービス-

京銀JCBデビットの口コミ評判

家族カード発行

家族カードを発行できます。初年度は何枚でも年会費無料ですが、2年目以降は1枚当たり432円(税込)の年会費が発生します。家族間で一つの口座に紐づいたデビットカードが持てるため、旦那さんやお子さんのお小遣い管理や、光熱費やスマホ代などの生活に必要な経費を一括で管理できるため、節約の観点からもかなり使い勝手がいいカードと言えます。

海外利用時の引き落としのタイミングが異なる

海外ショッピングで利用する際には、2回に分けて口座引き落としが行なわれる点には注意しましょう。ショッピング時の利用方法は国内と同じですが、引き落としのタイミングは国内と海外で若干異なります。

【海外ショッピング時の引き落としフロー】

  1. 1.海外ショッピングの会計時→利用時の為替レートで一時的に引き落とし
  2. 2.後日海外の利用店舗からの売上データがJCBに到着した際に、利用時からの為替変動による差額分の引き落とし、または返金が行なわれる

また、ショッピングを行なう現地の通信事情により、決済を待たされる場合もあります。必ず「JCBカード利用控え」を保管しておき、後日の引き落とし明細と照合することをおすすめします。万が一決済内容に間違いがあって過剰請求されている場合の反証書類になります。

利用状況のメール通知サービス

カード発行の際に、JCBのサイトから「MyJCB」というページに接続できます。「MyJCB」にメールアドレスを登録しておくと、JCBカードを利用した際に登録しているメールアドレスに、利用通知メールが送られてきます。 利用通知メールにより、利用状況を把握でき、万が一の不正利用の早期発見にもつながるため、メールアドレスの登録は必ずしておきましょう。

メールの種類と贈られてくるタイミングに関しては以下の表を確認してください。

メールの種類メールをお送りするタイミングメールタイトル
カードご利用通知ショッピングや、海外現地通貨引き出しサービスのご利用があった場合。「京銀JCBデビットご利用のお知らせ」
ショッピングや、海外現地通貨引き出しサービスのご利用ができなかった場合。「京銀JCBデビットご利用不可のお知らせ」
差額発生通知お取引の際に引き落とした金額と、確定金額に差異が発生した場合。「京銀JCBデビットご利用分・ ご利用明細更新のご案内」
携帯電話料金や、公共料金等の登録型加盟店からのご請求があった場合。
差額引き落とし

不能通知

差額発生時、および登録型加盟店からのご請求時に預金残高が不足していた場合。「京銀JCBデビットご利用代金振替処理不能のご案内」
請求確定通知月次でのご請求金額が確定した場合。

(例)・年会費

・再発行手数料

・即時でのお引き落としができなかったもの

「京銀JCBデビット●●●●年●月●日分お振替内容確定のご案内」

また、以下の注意点に関しても覚えておきましょう。

  • メールの配信要否については、請求確定通知を除き「MyJCB」で変更可能
  • システムの計画停止等、一部メール配信が遅れる場合がある
  • 一部の加盟店での利用時に、「カードご利用通知」が届かない場合がある。
  • 回線トラブルなどにより、京都銀行またはJCB にて利用不可原因を特定できない場合は、「カードご利用通知」の「京銀JCBデビットご利用不可のお知らせ」は届かない。
  • ドメイン指定などの受信制限を設定されている場合には、下のドメインからのメール受信ができるよう事前にパソコン・スマートフォン・携帯電話の設定を行う必要がある。

Google Pay対応

インターネットのGoogle Pay(Quick Pay)の支払いにも対応しています。お財布ケータイ対応の機種に限られますが、カードを持っていなくても、スマホ一台で決済が可能な為、普段からキャッシュレスで買い物をしている人にとってはかなり使い勝手のいいカードということになります。

ネットダイレクト支店利用でコンビニATM手数料が無料

デビットカードを発行する際に、京都銀行の口座を支払い口座に登録する必要があります。その口座をインターネットバンキング専用のネットダイレクト支店を指定するとさらにお得に利用できます。デビットカード自体はキャッシュカード機能が入った一体型ではないため、別にキャッシュカードが必要になります。

ネットダイレクト支店の口座にデビットカード引き落とし口座にしておけば、ショッピング利用分+現金引き出しが一括で管理できる他、コンビニ(セブン銀行+ゆうちょ銀行)ATMの引き出し手数料が所定の条件下で無料になります。

所定の条件は、毎月末日時点での利用残高が合計で(普通預金、定期預金、外貨普通預金、外貨定期預金、投資信託の合計額)100万円以上であること。注意したいのが、外貨預金は「預入外貨額×基準日の仲値」、投資信託は「基準日の評価額」で残高判定が行われる点です。

資産を貯蓄しながら、お得に使うこともできるということですね。

スマホ料金を支払える

デビットカードとしては珍しいスマホ料金を支払えるのは独自のサービスと言えます。現在はキャリア(docomo、au、Softbank、ワイモバイル)に限定されていますが、今後デビットカードの利用者数が増えてくると、格安SIM業者も利用できる可能性が高くなるでしょう。

スマホ料金をデビットカードで支払えば、年会費が無料になる点も見逃せないポイントですね。

京銀JCBデビット

8

年会費の安さ・コストパフォーマンス

8.0/10

ポイントや優待のお得さ

8.0/10

発行銀行の特典(ATM手数料・振込手数料・為替手数料などの優遇)

8.0/10

使い勝手の良さ(アプリ・限度額設定・利用明細・マイページ・サポート対応等)

8.0/10

保険(海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険・・・)

8.0/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です